家族を守るために設置する防犯カメラ【防犯カメラの設置場所は重要】

防犯カメラ

防犯の強化

自分が住んでいる住まいの防犯強化の方法としては防犯カメラを設置する方法がありますが、不審者が侵入しにくくなります。防犯カメラは基本的に玄関前に1台設置しますが、他の場所にも設置する事によってより防犯の強化になります。

ニュース一覧

自宅のセキュリティー対策

カメラ設置

防犯性を高めるには

最近、防犯カメラを設置している住宅が増えてきました。マンションなどの場合、エントランスや共有部分に防犯カメラが設置してあります。駐輪場や駐車場などでも盗難被害を防ぐ目的で防犯カメラが設置してあります。一戸建て住宅の場合、ここの世帯の判断でセキュリティー対策を行うか、警備会社の防犯システムを利用することになるでしょう。警備保障の場合、毎月の契約料金を負担し、自宅に防犯カメラの設置やアラームの設置、緊急時は警備員が駆け付けるなどの対策が取られます。毎月の負担は意外に大きいので、防犯カメラを自宅で設置するケースも増えています。防犯カメラの設置をするだけで防犯性が高まると言われています。防犯カメラには様々なタイプがあり、性能によって防犯性に差が出ます。ダミーカメラを設置することも防犯効果があると言われていますが、すぐにダミーと分かるものもあり、逆効果となります。レンズやランプが本物同様のもので確かなメーカーであれば良いのですが、ダミーカメラは空き巣には通用しません。ダミーカメラはインターネット検索で調べることが出来ます。防犯カメラの設置場所も重要で、手が届かない高い場所で、複数の角度から監視するような設置方法を取りましょう。カメラの背面から侵入できる経路があるといけません。センサーライトや2重鍵、砂利敷きなど他の防犯対策と一緒にすることで防犯性は高まります。空き巣は複数の防犯対策が取られた住宅をターゲットにはしません。

積み木

防犯出来ていますか

家庭の防犯対策としての防犯カメラには大きく2つの役割があります。それは不審者を家に入らせないようにする効果と不審者に入られた時に証拠として記録する役割です。資金がない場合や通電できない場所にはダミーカメラを設置するのも良いでしょう。

女性

安全を守れる機材

防犯カメラは犯罪を犯している犯人を特定したり侵入を抑止したりする際に役に立つ機材です。屋外に設置する際は風雪に強いものを選ぶと良いでしょう。防犯カメラは外部からアクセスできる機材もありますので、設置する場所や状況に応じて購入する製品を選びましょう。

防犯カメラ

自分の身を守ろう

防犯カメラを設置することで社会の治安を維持するだけでなく、自分や自分の大切なものを守る手助けとなってくれます。パソコンやスマートフォンと連動して遠隔操作ができるようになったり、警告音を鳴らすことができるなど、付加価値が搭載されてきています。

防犯カメラ

自分の身を守る手段

防犯カメラは公共施設だけでなく、玄関を監視するインターホン、スマートフォンと連動した室内にいるペットの監視、車中で起きたトラブルを録画するドライブレコーダーなど、さまざまな場所で活躍しています。自分の身を守るために上手に活用していきましょう。

Copyright© 2018 家族を守るために設置する防犯カメラ【防犯カメラの設置場所は重要】 All Rights Reserved.