家族を守るために設置する防犯カメラ【防犯カメラの設置場所は重要】

ニュース一覧

防犯出来ていますか

積み木

家庭の防犯を確認しよう

家庭での防犯対策として、防犯カメラを設置したい人も多いと思います。そこでまず、防犯カメラのポイントが2つあることを頭に入れてください。一つは泥棒が入ることを未然に防ぐということ、もう一つは泥棒が入った後にそのことを証拠として残しておくということです。防犯カメラを設置すれば、その家が防犯対策をしている家だと知らせることができます。そうすれば、泥棒も簡単には入って来ないでしょう。防犯カメラを設置すれば、自分の庭や家に泥棒が侵入していないか、侵入しようとして物色していないかを確認することができます。防犯カメラの種類によってはカメラやパソコンで確認することもできるので、家の不在時でもリアルタイムで確認することができます。また、不在時には泥棒だけでなく、子供やペットの確認もすることが出来ます。防犯カメラには屋内用と屋外用があります。屋内用カメラは主にペットのいるリビングや、貴重品がある部屋に設置します。屋外用カメラは玄関や庭、駐車場に設置します。屋外用は不審者の侵入防止だけでなく、車や自転車の盗難防止にも効果があるでしょう。防犯カメラを設置するほどの資金がない場合にはダミーを使うこともできます。また、ダミーであるとすぐに悟られないように、ランプが点灯するダミーカメラもあります。しかも通電が出来ずに防犯カメラが設置出来ない場所でもダミーカメラなら設置することができます。撮影中などという注意書きを貼っておくことも、不審者を警戒させる手段の一つです。

Copyright© 2018 家族を守るために設置する防犯カメラ【防犯カメラの設置場所は重要】 All Rights Reserved.